より良い生活と睡眠の関係

必見!不眠になる理由

眠れない理由は色々ありますが、突き詰めていくと「脳が眠れる状態になっていない」という一点に尽きます。
どういうことかと言うと、脳は眠るためには副交感神経が活性化した状態(リラックスした状態)でなければならず、ストレスや緊張で気が張っていて交感神経が活性状態(興奮状態)になっていると疲れていても眠れないか、眠っても浅い眠りにしかならないのです。
また、運動したり入浴したりしても交感神経は活発になるので寝る前には避けた方が良いでしょう。
そういった興奮状態になるような心当たりがない場合、自律神経に変調をきたしている可能性があります。
自律神経は交感神経と副交感神経の総称で、生活習慣が不安定になったり昼夜逆転した生活を送ったりしていると体内時計が狂い、交感神経と副交感神経のオンオフが上手く働かないようになり不眠につながるのです。

押さえておきたい!眠れない原因

「脳が眠れる状態になっていない」状況に陥る原因は幾つかのパターンに分かれます。
眠れないときにに出る身体の火照りやこわばりなどの症状も大本をたどれば神経系の変調に原因がある場合がほとんどです。
・交感神経が活性化し過ぎている
いわゆるハイになっている状態で、興奮や緊張が解けないことによって身体が火照ったり目が冴えたりして不眠に陥っている状態です。
・副交感神経が活性化しない
交感神経が活性化しすぎている状態と似ていますが、特に興奮したり緊張したりしていなくても上手くリラックスできない状態がこれにあたります。
・交感神経と副交感神経の切り替えが上手くできない
こちらは本来リラックスする状況でリラックスできず興奮するような状況では興奮しないといったように自律神経自体が鈍感になっているか、反応がチグハグになっている状態です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る