>

親戚と会ったときはどうしたらいいのか

事前準備は必要

お盆を利用した帰省や法事では、普段はほとんど会わない、会う機会がない親戚たちと顔を合わせるようになります。
逆に言えば、それが法事のあるあるでもありますよね。

そのときに、恥をかいたりあとで嫌味を言われないように、きちんとした振舞いを心がけておきましょう。

では、どんな事前準備が必要なのでしょうか。
基本的なことを言うと、宗派はどこなのかをちゃんと頭に入れておきましょう。
また、服装も和服なのか洋服なのかもお忘れなく調べておきましょう。
香典の金額にも、目を光らせておくといいでしょう。

これらのことは特に年配者は気にしますので、気を引き締めておきましょう。
こういった最低限の決まりやしきたりを気をつけておけば、まず間違いはありません。

女性はここを忘れずに

ご結婚されている女性の場合は、ご主人側の法事に参列するという事態に遭遇することが大いにありえます。
なんだかんだ言っても、お嫁さんという立場なので気を使わなければいけない人や場面が多いので、自分の側のときと比べると倍以上の大変さです。

まずは、基本的なことですが、挨拶などの礼儀は忘れないようにしておきましょう。
特に初対面の方がいたら、きちんと自己紹介をするのが筋です。
そして、「この人は主人のおじさんに当たる人」とか「この人とあの人は兄弟」という親戚同士の間柄も把握しておくといいでしょう。

また、仕事を手伝うというのも大事な行動です。
出来るだけ率先して、手伝っていくようにしましょう。

これらのことを心がけておくと、後々苦労するということはないと思います。


この記事をシェアする