お盆とはなにか、お盆休みはいつごろか

日本には、季節の移り変わりと同時に、さまざまな時候の行事や冠婚葬祭の行事が存在しています。
それは、毎年行っているものもあれば、何年に一度のペースでも構わないというものもあり、行事の内容によってまちまちです。

その中で、ほとんどの方が関係があったり、人生で一度は経験したことであろう行事とはなんでしょうか。
おそらく「お盆」と「法事」ではないかと思います。
どの方にも、お盆休みに祖父母の家に泊まりに行ったり、法事で久々にいろんな親戚に会ったという思い出の一つや二つは残っているだろうと思います。

けど、その一方でお盆や法事についていまいちよく知らないという方も少なくないでしょう。
「お盆ってなんであるの?」とか「法事ってなんのためにすることなの?」という素朴な疑問にきちんと答えられるという方は本当に数少ないのではないでしょうか。
今頃「確かに言われてみるとよく知らないかも」と胸に手を当てているなんて方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回このコラムでは、お盆や法事とはどんなものなのかやどういう目的でこんなことをするのかについてお書きしたいと思います。
はっきり言って、知っていて損をしない知識だと思いますし、今後の人生のお役に立つこと間違いなしです。
また、お盆や法事の際に、めったと会わない親戚との接し方にも触れていきたいと思います。
特に女性の方は、ご主人側の親戚との関わり方を知っておくと便利でしょう。

お盆と法事について詳しく知っておこう

ではまず最初に、お盆というものは一体どんなものなのかやいつごろがお盆休みに当たるのかについてほんの少しですが、お話したいと思います。 物心がついたときから耳にしたり、体感しているものですが、なぜあるのかなどについてまでは知らないなんて方も多いでしょう。

法事はどんなことをするのか

続いては、法事というものはなんなのかやどんなことをしているのかについてお話したいと思います。 今まで家族で行ってきたことがあるという方も何名かはいらっしゃるかもしれません。 ですが、これを機会に法事とはなにかと詳しいことも知ってみてはいかがでしょうか。

親戚と会ったときはどうしたらいいのか

最後になりましたが、お盆や法事のときに久しぶり、もしくはほぼ始めて会った親戚とどんな感じで接すればいいのかやどんな下準備をしておけばいいのかについてお書きしたいと思います。 実際見てみると最低限のマナーや礼儀など、本当に大切なことばかりでもあります。